【COVID-19】5月4日の「緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)」の話(はなし)

5月4日、安部首相(あべしゅしょう)が、緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)の話(はなし)をしました。

今、日本は、新型コロナウイルス(COVID-19)で危ない(あぶない)です。

危ない(あぶない)ですから、「緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)」が出ています。

緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)は、5月6日まででした。

でも、安部首相(あべしゅしょう)から、「緊急事態宣言は、5月31日までです。」と、話(はなし)がありました。

今、日本の病院(びょういん)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の人が多い(おおい)です。

病院(びょういん)のお医者さん(おいしゃさん)や、看護師さん(かんごしさん)が少ない(すくない)です。

ですから、5月31日までになりました。

でも、新型コロナウイルス(COVID-19)の人が少ないところは、緊急事態宣言が短く(みじかく)なるかもしれません。

わかったときに、またみなさんにお知らせ(おしらせ)します。

【新型コロナウイルス(COVID-19)10このポイント】


株式会社aileron(エルロン)

やさしい日本語」の誕生は、1995年の阪神・淡路大震災で多くの外国人の方々が、犠牲になってしまったことがきっかけです。
震災後、弘前大学が防災、減災のため「伝わるように伝える」ことを目的に「やさしい日本語」を開発しました。
やさしい日本語」は、日本語のレベルが日本語能力試験N4(初級)の外国人の方にもわかりやすいように、”言葉を調整”した日本語です。

aileron(エルロン)は、「やさしい日本語」を企業内のコミュニケーションツールとしてご提案しております。
伝わるように伝える
外国人への指示は「英語」じゃなくて良いのです。
やさしい日本語」を使うことで、外国人とのコミュニケーションを劇的に改善させることができます!

ご興味のある方、お気軽にご質問・お問合せください。

エルロンHP

関連記事:
新型コロナウイルス(COVID-19)10このポイント
4月10日に、愛知県(あいちけん)「緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)」
「やさしい日本語」とは?
「やさしい日本語」のすすめ Vol1
「やさしい日本語」のすすめ Vol 2
「やさしい日本語」のすすめ Vol 3

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。