【COVID-19】生活(せいかつ)のお金(かね)がない人(ひと)

新型しんがたコロナウイルス(COVID-19)で、仕事しごとがなくなった  ひと

それから仕事しごとが  やすみに  なった  ひとで、生活せいかつの  おかねが  ないひとは、んでください。

いま新型しんがたコロナウイルス(COVID-19)で  大変たいへんですから、おかねを  かりることが  できます。

あなたが  んでいるところで、おかねを  かりることが  できます。

社会しゃかい福祉ふくし  協議きょうぎかい(し  ゃかいふくしきょうぎかい)というところで、かりることが  できます。

社会しゃかい福祉ふくし  協議きょうぎかい(し  ゃかいふくしきょうぎかい)は、みなさんの  生活せいかつを、たすけるところです。

わからないことを、電話でんわで  質問しつもんすることが  できます。

社会しゃかい福祉ふくし  協議きょうぎかい
0120-46-1999 (電話でんわの  時間じかん: 9:00~21:00)

かねを  かりたいひとは、あなたが  んでいるところの、社会しゃかい福祉ふくし  協議きょうぎかいに、もうみをしてください。

りることが  できる  おかねは、2つ  あります。

1、「緊急きんきゅう小口こぐち資金しきん(きんきゅうこぐ  ちしきん)」

生活せいかつの  おかねを、はやく  りたい  ひとが  もうみをします。

〇どんな  ひとが、おかねを  りることが  できますか。

新型しんがたコロナウイルス(COVID-19)で、仕事しごとが  やすみに  なった  ひと、それから  仕事しごとがなくなった  ひとです。お  給料きゅうりょうが  すくないですから、生活せいかつの  おかねが  ないとき、「緊急きんきゅう小口こぐち資金しきん」を  りることが  できます。

りることが  できる  おかねは  いくらですか。

100, 000えんです。
でも、自分じぶんで  仕事しごとをしている  ひと、それから、子供こどもの  学校がっこうが  やすみで、仕事しごとが  ないひとは、200, 000えん

りることが  できます。

〇おかねは、いつかえしますか。

かねを  りた  あと、1年間ねんかんは  だいじょうぶです。 1年間ねんかんの  あと、かえしてください。

でも、2ねんの  あいだに、ぜん  かえしてください。

2、「生活せいかつ  支援しえん(せいかつしえんひ)」

生活せいかつのための  おかねを、ながく  かりることが  できます。

〇どんな  ひとが、おかねを  りることが  できますか。

新型しんがたコロナウイルス(COVID-19)で、仕事しごとが  なくなって、生活せいかつの  おかねが  ない  ひとが、りることが  できます。

りることが  できる  おかねは  いくらですか

いっしょに  んでいる  家族かぞくが  いるひとは、1かげつ、200, 000えんを  りることが  できます。

1にんで  んでいるひとは、1かげつ、150, 000えんを  りることが  できます。

〇おかねは、いつかえしますか?

かねを  りた  あと、1年間ねんかんは  だいじょうぶです。 1年間ねんかんの  あと、かえしてください。

でも、10ねんの  あいだに、ぜん  かえしてください。

かねを  りた  ひとは、りた  あとで、社会しゃかい福祉ふくし  協議きょうぎかい(し  ゃかいふくしきょうぎかい)の  ひとと、はなしをしてください。

生活せいかつのことを、はなしをしてください。

 

あなたの  くにの  ことばです。

んでください。

<英語/English>
一時的な資金の緊急貸付に関するご案内(英語)

<中国語/中文(简体字)>
一時的な資金の緊急貸付に関するご案内(簡体字)

<韓国語/한국어>
一時的な資金の緊急貸付に関するご案内(韓国語)

<ベトナム語/Tiếng Việt>
一時的な資金の緊急貸付に関するご案内(ベトナム語)

<ポルトガル語/Português>
一時的な資金の緊急貸付に関するご案内(ポルトガル語)

<スペイン語/español>
一時的な資金の緊急貸付に関するご案内(スペイン語)

 

Related links:
【COVID-19】特別定額給付金(とくべつていがくきゅうふきん)の書(か)き方(かた)
特別定額給付金(とくべつていがくきゅうふきん)のことで、悪(わる)い人(ひと)からの  電話(でんわ)が  多(おお)いです
新型コロナウイルス(COVID-19)10このポイント
5月4日の「緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)」の話(はなし)
「やさしい日本語」とは?


株式会社aileron(エルロン)

やさしい日本語」の誕生は、1995年の阪神・淡路大震災で多くの外国人の方々が、犠牲になってしまったことがきっかけです。
震災後、弘前大学が防災、減災のため「伝わるように伝える」ことを目的に「やさしい日本語」を開発しました。
やさしい日本語」は、日本語のレベルが日本語能力試験N4(初級)の外国人の方にもわかりやすいように、”言葉を調整”した日本語です。

aileron(エルロン)は、「やさしい日本語」を企業内のコミュニケーションツールとしてご提案しております。
伝わるように伝える
外国人への指示は「英語」じゃなくて良いのです。
やさしい日本語」を使うことで、外国人とのコミュニケーションを劇的に改善させることができます!

ご興味のある方、お気軽にご質問・お問合せください。

エルロンHP

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。