Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Find the right job for you in Japan (Part 1)

When foreigners try to live in Japan, it is said that there are two major barriers, one of which is japanese, which is a tool of communication with people. The other is still business, profession.

From this time on, I will series how to work in Japan, to find a job in Japan, and how to continue working in Japan.

This time, I will introduce the case of the foreigner family who came to Japan with the family and started the business.

外国人がいこくじん日本にほんに  もうとすると、2  つの  おおきな  かべが  あると  われています。

ひとつは  ひととの「コミュニケーション」の  ツールである  日本にっぽんです。もう  ひとつは、やはり  仕事しごと(ビジネス、職業しょくぎょう)です。

今回こんかいから、シリーズで、  日本にっぽんで  仕事しごとをするには、  日本にっぽんで  仕事しごとを  つけるには、  日本にっぽんで  仕事しごとを  つづけるには  どうしたら  よいかを  連載れんさいします。

今回こんかいは  家族かぞくで  日本にっぽんに  やってきて、商売しょうばいを  はじめた  外人がいじん家族かぞくの  れいを  紹介しょうかい します。

नेपाली → विषयवस्तु “जापानमा तपाईंको लागि सही काम फेला पार्नुहोस्” (भाग 1)

What am I going to do in Japan?
日本にほんで  なにをしようかな?

Not all people are, but I wonder what kind of work I’ll come to Japan, or what profession I’m going to do, but I may come across people who are not surprisingly clear.

The sweetness is hidden. This time, a family from Nepal (grandfather, husband and wife, boy) opened the Everest Curry Shop. It is a place where a lot of people are crowded along the national highway.

However, even after six months, the crowd seemed to be sparse and struggling.

One day, the grandfather came to the foreign support office of the city hall for advice.

日本にっぽんに  きて  なにの  仕事しごとしようかな、なんの  仕事しごとしようかなと、かんがえて  はいるのでしょう。

しかし、はっきりしない  ひとたちに  くわすことが  あります。

今回こんかい  紹介しょうかいするのは、えん  あって  ネパールから  やってきた  家族かぞく(おじいさん、夫妻ふさいおとこ)が、「エベレスト  カレーてん」を  開業かいぎょうしました。

道路どうろ沿いで  ひとが  おおく  にぎわっている  場所ばしょです。しかし、6ヶ月かげつ  たっても  客足きゃくあしは  まばらで  苦労くろうされているようでした。

ある、 市役所しやくしょ外国人がいこくじん支援室しえんしつに  相談そうだんに  ました。

The Importance of Communicationコミュニケーションの大切たいせつ

However, it does not understand what at all in the Japanese of only a little. He can not speak English at all, and I don’t understand my grandfather’s native Language of Nepal. Anyway, everyone involved flew to the scene. This is where the five stages of improvement begin.

しかし、ほんの  かたことの  日本にっぽんでは、 まったく  わかりません。

英語えいごは  まったく  はなすことが  できませんし、おじいさんの  じぶんの  くにの  ことばである  ネパールは  まったく  わかりません。

とにかく、関係かんけいするひといちどう  現場げんばへ  きました。

ここから、改善かいぜんの5段階だんかいが  はじまります。

stage 1  Peeling from a curry shop in Nepal
ネパールの  カレーてんからの  脱皮だっぴ

It’s dark in the daytime, isn’t it?

The color of the wall is dark brown, and this is Japan. The description of the gesture showed that everyone in Nepal was saying this.

No one Japanese is close to me with this.

So, I introduced the “Indian curry shop” which is thriving in the next city, and encouraged them to visit. No matter how much you say it in such a case, it is not possible to go. It is best to see the actual thing with your own eyes. The owner seems to have noticed at last.

The color of the room was made a bright warm color system, and the brightness of the proof was given, and the light of the outside was improved to enter during the day.

昼間ひるまなのに 部屋へやが くらです。

かべの  しょくも  い  茶色ちゃいろです。

身振みぶ手振てぶりの説明せつめいで、 「 ネパールでは  みんな  こんなんだ」と  っていることが  わかりました。

これでは  日本人にっぽんじんだれも  きません。

そこで、よこで  はやっている「インド  カレーてん」を  紹介しょうかいして、見学けんがくするように  すすめました。

こういうときは  いくらぐちで  っても  つうじ ません。

現物げんぶつを  じぶんの  で  みるのが  一番いちばん  いいのです。やっと  店主てんしゅは  が  いたようです。

部屋へやの  カラーは  あかるいあたたかく  かんじる  しょくにしました。照明しょうめいあかるくしました。

日中にっちゅうは  そとの  こうも  はいるように  なりました。

stage 2  Number and taste of dishes
料理りょうりの  メニューすうと  あじだい2段階だんかい

I was surprised at how many menus there were. There were also 100 kinds. The taste and the salty smell were strong. This was the number 10 menu number, and the addition of the perfume was stopped to take the smell. In addition, during the day, for salaried workers nearby, I narrowed it down to three kinds of rice curry. In other words, sweet and spicy (for children, sick, and old), medium hot (standard Japan version), it is spicy.

In the evening, the menu was greatly reduced with nepalese food, which is not a local dish.

料理りょうりの  メニューすうの  おおいことには  びっくり。100種類しゅるいも  ありました。

あじも  しお  くどく  においも  強烈きょうれつでした。

メニューすう10種類しゅるいにして、においを  るために  香料こうりょう を  すくなくしました。

さらに、ひるは、ちかくの  サラリーマンけに、ライスカレー3種類しゅるいに  しました。

甘辛あまから子供こども病人びょうにん老人ろうじんけ)、ちゅう  からし日本にっぽんの  標準ひょうじゅん)、激辛げきからです。

よるは  ふるさと  料理りょうり  ならぬ  ネパール  料理りょうりで、メニューを  ぐっと  すくなくしました。

stage 3  If you don’t let everyone know, the customers won’t come
みんなに  らせないと  おきゃくさんは  てくれません

I made a little flyer and distributed it, but i made the signboard simpler than that, and improved it to “Indian curry shop” in a big character.

チラシを   つくって  くばりました。

看板かんばんも  シンプルにして、おおきな  で「インドふう  カレーてん」としました。

stage 4  A word of “Thank you”
「ありがとう」の  一言ひとこと

The word “thank you” is very important.

Let’s communicate slowly and gently as we talk with a smile. It is good in one-sided Japanese.

I asked him to speak about ten words in Japanese.

この  ことば「ありがとう」は、とても  大切たいせつです。おみせでは、すこしの  日本にっぽんでいいのです。

Arigatou (Thank you):ありがとう

Konnitiha (Hello):こんにちは

Sumimasen (Excuse me):すみません

Naninisimasuka (What would you like to):なににしますか?

Gmennasai (I’m sorry):ごめんなさい

Wakarimasen (I don’t know):わかりません

Sayounara (Good-bye):さようなら

Sibarakuomatikudasai (Please wait for a while):しばらく  おちください

Matakitekudasai (please come again):またきてください

stage 5  Contribution to Japanese Society
日本にほん社会しゃかいに  やくつこと

The owner took the initiative to clean the garbage in the shopping district every morning. By the time everyone came to see the owner, this “Indian curry shop” became very popular during the day. The night part will take more time.

店主てんしゅは   毎朝まいあさ商店しょうてんがいの  ごみ  掃除そうじをするように  なりました。

みんなが、店主てんしゅの  姿すがたを  みるように  なったころには、この「インドふう  カレーてん」は ひるは  にぎわうように  なりました。

よるの  は  もう少し  時間じかんが  かかるかもしれませんが、にぎわう でしょう。

At the end
おわりに

As a job when living in Japan, agriculture, fishery and forestry, which are primary industries, are very short-handed.

These industries are closely related to vegetable shops, restaurants, camps and tourism.

日本にほんで  生活せいかつするときの  仕事しごととして、1産業さんぎょうである、農業のうぎょう漁業ぎょぎょう林業りんぎょうは  とても  ひとが  りません。

これらの  産業さんぎょうは  野菜やさいてん、レストラン、キャンプ、観光かんこうなどと  ちかい  関係かんけいに  あります。

 

Related links:
Is the Japanese spoken by foreigners interesting? Do you understand?
6 Must-Know Japanese Business Etiquette
Guide to finding jobs online for the international students:留学生の就職活動法
Please use “SuMo Japan” 困(こま)っているときに使(つか)ってください ~やさしい日本語~

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。