Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Company get-together ≒ Job:会社の飲み会 ≒ 仕事? 

You could say company get-together mean job rather than fun time.
Although the get-together is free to attend, it is more often than not mandatory.
Once you turn down the invitation, you would be labeled as unfriendly or hard to work with.

会社かいしゃかいは、たのしむ時間じかんというよりは、仕事しごとちかいです。

一応いちおう、会社の飲み会自由参加じゆうさんかになっていますが、(暗黙あんもく了解りょうかいで)強制きょうせい参加のことがおおいため、ことわれなかったり、こばむと「いがわるい」というレッテルをられ、仕事がしづらくなるということもあるでしょう。

It might be ok for turning down your colleague’ invitation (not recommended), however invited by your boss would be mandatory.
So, have-no-choice participation is, say, job rather than ordinary get-together.

However, there is a definite difference between “company get-together” and “job” which is you get no salary paid even if it is mandatory.
What is worse, you, sometimes, have to pay.

ことわれれないから参加さんかする」

このような気持きもちで参加する飲み会は、仕事の延長えんちょうえるかもしれません。

しかし、「会社かいしゃかい」と「仕事」には、決定的けっていてきちがいがあります。

「会社の飲み会」は、給料きゅうりょうません。また、参加費さんかひ徴収ちょうしゅうされることもあります。

There are, indeed, people who think the get-together deepens relationship.

This is what we call over drinks communication (Nommunication: “Nomu” means drink. Nomu + Communication)

There would be the get-together held to deepen relationship by over drinks, so you can’t always say “company get together ≒ Job”.
(Or may be just surrounded by many drink lovers though…)

ただ、「会社の飲み会」に対して、

さけせきかたうことで仲良なかよくなれる(親睦しんぼくふかまる)

といったかんがえをひともいます。

これは、飲み会のコミュニケーション(みニケーション」)とばれています。

そして、「親睦を深めたい」という意図いとのもとで、かいひらかかれていることもあります。

したがって、一概いちがい会社かいしゃの「飲み会≒仕事」ともれないです。
(ただたんに、職場しょくばにお酒がきなひとおおいだけかもしれません・・・。)

 

Related Links:
Japanese-specific Recruiting Schedule:日本独自の就職活動スケジュール
Employment Service for foreigners:外国人雇用サービスセンター
Do you know “shigoto no tameno nihongo”?:しごとのための日本語研修
What is International Communication Committee in Japan? : 国際交流協会って何?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。