ARTICLES

Kumejima, Okinawa

ARTICLES

FF14 Review

ARTICLES

Applying for jobs in Japan

業務に必要な「日本語の能力」とは?

外国人材の採用において、「日本語の能力」は重要なポイントになります。日本語教師の方から、「日本人は、外国人材の仕事上の『日本語能力』に対して非常に厳しい。日本人と同レベルの日本語スキルを求める傾向が強い。その傾向が、外国人材の採用後にミスマッチだった感じる要因となっている。」というお話を伺いました。

インターンシップとして留学生を受け入れる方法

インターンシップとは、一般的には、学生が企業等において、実習・研修的な就業体験をする制度であり、学生が自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うものです。インターンシップとして留学生を受け入れる際のポイントをまとめました。1.インターンシップの募集方法 2.インターンシップの対象となる留学生 3.労働関係法令の適用・留意事項

外国人人材の活用と「メンター制度」

メンター制度は、会社や配属部署における上司・先輩とは別に、他の部門やチームの年齢の近い年上の先輩社員や、社歴が近い先輩社員が新入社員や若手社員をサポートする制度です。メンターは英語の Mentor からきており、直訳すると 信頼のおける相談相手、良き師[指導者・先輩]という意味です。 外国人人材の採用時にも検討してみてはいかがでしょうか?

「外国人雇用状況」届出状況~日本で就労可能な外国人とは?~

~外国人労働者数は約146万人。届出義務化以降、過去最高を更新~ 【届出状況のポイント】 ○ 外国人労働者数は1,460,463人で、前年同期比181,793人、14.2%の増加(平成19年に届出が義務化されて以降、過去最高を更新) ○ 外国人労働者を雇用する事業所数は216,348か所で、前年同期比21,753か所、11.2%の増加(平成19年に届出が義務化されて以降、過去最高を更新)