ARTICLES

Kumejima, Okinawa

ARTICLES

FF14 Review

ARTICLES

Applying for jobs in Japan

業務に必要な「日本語の能力」とは?

外国人材の採用において、「日本語の能力」は重要なポイントになります。日本語教師の方から、「日本人は、外国人材の仕事上の『日本語能力』に対して非常に厳しい。日本人と同レベルの日本語スキルを求める傾向が強い。その傾向が、外国人材の採用後にミスマッチだった感じる要因となっている。」というお話を伺いました。

外国人人材の活用と「メンター制度」

メンター制度は、会社や配属部署における上司・先輩とは別に、他の部門やチームの年齢の近い年上の先輩社員や、社歴が近い先輩社員が新入社員や若手社員をサポートする制度です。メンターは英語の Mentor からきており、直訳すると 信頼のおける相談相手、良き師[指導者・先輩]という意味です。 外国人人材の採用時にも検討してみてはいかがでしょうか?