2025年に介護職が37.7万人不足

厚生労働省の試算によれば、2025年に37.7万人の介護人材が不足すると言われています(需要約253万人、供給約215万人)。

EPA(経済連携協定)に 基づく外国人介護福祉士 候補者の雇用、日本の介護福祉士養成校 を卒業した在留資格「介護」 をもつ外国人の雇用、技能実習制度を活用した 外国人(技能実習生) の雇用、在留資格特定技能1号」 をもつ外国人 の雇用など、様々な形での外国出身者の活用が急がれます。

外国人介護職員の雇用に関する介護事業者向けガイドブック(厚労省)

2025 年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)について (厚労省)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。