特定産業分野

特定産業分野とは、生産性の向上や国内人材確保のための取組を行っても、なお、当該分野の存続のために外国人材が必要と認められる分野のことです。
2019年4月時点で対象となる産業分野は14業種。
介護、ビルクリーニング、素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業、建設、造船・舶用工業、自動車整備、航空、宿泊、農業、漁業、飲食料品製造業、外食業です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。