特定技能評価試験

特定技能評価試験とは、特定技能の在留資格で従事することが可能な特定産業分野(14業種)のそれぞれの業種が課す技術試験です。
この技術試験により、外国人が業種ごとに必要な技能水準に達しているか評価します。
特定技能評価試験は、その産業の所轄官庁が技能水準を明確にし試験を作成します。
特定技能1号の目安は「特段の育成・訓練を受けることなく直ちに一定程度の業務を遂行できる水準の技能を保有すること」と設定されています。
特定技能2号の目安は「上級技能者の試験である技能検定1級の合格水準と同等」と設定されています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。