在留資格認定証明書

在留資格認定証明書とは、外国人が上陸審査の際に我が国において行おうとする活動が虚偽のものでなく、かつ、入管法上のいずれかの在留資格(短期滞在を除く)に該当する活動である等の上陸の条件に適合していることを証明するために、法務省所管の各地方入国管理当局において事前に交付される証明書です(日本国内の代理人による申請が可能)。
高度専門職外国人についてはポイントの合計点や高度人材としての活動類型が記載された在留資格認定証明書なしに査証申請することはできません。
また、高度専門職・高度人材外国人の家族等についても、申請に基づき「在留資格認定証明書」が交付されます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。