ワンストップ型相談センター

ワンストップ型相談センターとは、入国管理局が地方公共団体の相談窓口と連携して、外国人住民が日本で生活するために必要な入国管理手続等の行政手続、生活に関する相談及び情報提供を行うため、ワンストップ型の相談センターのことです。
ここでは、電話や訪問によるお問い合わせに日本語だけでなく、外国語(英語、中国語等)でも対応しています。
現在、東京都(新宿区)、埼玉県(さいたま市)、静岡県(浜松市)の3拠点あります。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。